FC2ブログ
夏休みも始まりました。
暑い日中でも近所で虫かごと水筒を持って夢中で遊んでる男の子達を見て、
私も暑さに負けてられないと思います。
ただ、熱中症には気をつけてね。

最近、私も夢中で字典をめくっては、時間を忘れてしまう「漢字の成り立ち」
みんなにも書いてもらおうとプリントも作ってみました。

DSC00832.jpg
「子」
金文という古代文字です。
足を産着に包まれ、両手を広げた形の子の姿です。
古代文字の中にはどちらかの手を上に、どちらかを下に向けているものが
あります。王子として生まれた子をあらわすそうです。

DSC00833.jpg

「字」
人間、生まれたらまず祖先の霊を祀る「みたまや」に参り、祖霊にまみえたそうです。
その時、仮の名前がつけられます。それが「字(あざな)」
「うかんむり」はみたまやの屋根の形です。

漢字の成り立ちを詳しく解き明かした 「白川静先生」の字典や監修された本を参考に
しっかり学んでいきます。
 
【漢字は古代中国の王が神と交信するための道具として生まれた。
豊作や先勝祈願のために占い、祈りなどの言葉を記す必要があった。
古代文字の字形を見ていると、はっきりと浮かび上がってくる。】
         ~白川静先生監修の本より~
スポンサーサイト